Principles

To innovate a “spice” which make this world more interesting, Ginger adopts following 5 principles for every project.
世の中のスパイスとなるようなイノベーションを生み出すため、Gingerはプロジェクトを行う際に以下の5つの原則を取り入れています。

1. Gap Building

Something surprising is something which exceeds assumptions. In other words, it propose unexpected value based on completely new concept. Sometimes, such things create new gaps in this world. However we believe such gaps are the keys to make the world more interesting. We start with a concept which creates gaps, not solutions.

ギャップを築く

人に驚きを与えるもの。それは想定もしていなかったもの。言い換えれば、全く新しいコンセプトに基づき、思いもしなかった価値を提示するもの。それは時に、新たなひずみを世の中に生み出します。でも、私達はそうしたギャップこそが世の中を面白くするのだと信じています。問題の解決ではなく、むしろ世の中にギャップを作り出す。そんなコンセプトから私達はスタートします。

2. Form of Thoughts

There are products and services which have changed the world. These have been created with thoughts such as “I wish I had such a thing” or “I want to have such a experience.” A thing which is merely new disappears as time passes. However, if it includes thoughts, it propagates through people and create a definite difference from the past. Therefore, we make it a rule to insert such thoughts into things we create.

思想が形をなす

世の中を変える製品やサービス。それらは「こんなものがあったらいいのに」「こんな体験ができたらいいのに」という考えから生まれます。単に目新しいだけのものは、時間が経てば消えてしまう。でも、そこに思想があれば、それが人から人に伝わり事前と事後に明確な違いをもたらす。だから私達は、作るものに必ずそんな進んだ思想を込めることにしています。

3. Unexpected Process

To create unexpectedness beyond assumption, we ourselves have to go beyond our assumption. For this, we think applying an unexpected process is effective. We adopt methods of different fields using our wide-range of speciality such as marketing, design and engineering. Moreover, we are always open and co-create with different people for every projects. Insights from other points of view and meetings with new persons reconstruct the process itself.

意外な結果は意外なプロセスから

想定を超える「意外性」を生み出すには、私達自身が自らの想定を超えなければいけません。そのためには、プロセスそのものを意外なものにすることが効果的だと考えます。私達はマーケティング、デザイン、エンジニアリングをはじめ幅広い専門性を活かし、通常は用いない分野のやり方を適用します。また、常にオープンであることを心がけプロジェクトごとに外部の方と共創していきます。異分野の知見と、新しい人との出会いが、プロセスそのものを新しく作り直させます。

4. Wild, but Precise

Reconsidering the concept from the root and caring every tiny details - both are necessary but they frequently contradict each other. Therefore, we use a lot of methods starting with radical reconstruction and gradually finalizing an idea: ideation frameworks, visualization of user experiences, rough prototyping and detailed one like an actual product. With a process like damping wave which gradually ties up, we realize wild ideas with extreme precision.

突飛に。でも精密に

コンセプトを根本から考え直すことと、ディテールを徹底的に極めること。どちらも必要なのに、矛盾することが多い要素だと思います。そこで私達は、アイデアのフレームワーク、ユーザー体験の可視化、ラフなものから製品同様のプロトタイプまで大きな振れ幅からスタートしそれを段階的に収束させていく数多くのメソッドを用います。徐々に減衰していく波のようなプロセスによって、突飛なアイデアを最高の精密さで実現します。

5. Discovery of Ourselves

If we can create a thing only with our current knowledge, it cannot be new. When we create a thing which propose new value to this society, we always gain new knowledge and points of view. On the other hand, we think this means we can also give new perspective to our clients. Therefore, we make it rule, both during and after a project, to ask ourselves whether we have discovered new ourselves.

知らなかった自分を見つける

私達が既存の知識だけで作れてしまうならそれは決して新しいと言うことは出来ません。世の中に新しい価値を提示するものを生み出すとき、いつもそのプロセスの中で私達自身に学びがあるものだと考えています。また、それは一緒に仕事をするパートナーの方々にも気付きを与えることだと思います。そこで私達はプロジェクトの最中も、終わった後も、知らなかった自分を見つけられたか。これを常に自らに問うことにしています。

WRITTEN: Ginger Design Studio, Oct. 21, 2016
THANKS: subtlepatterns.com