Ginger Bread 1

¥1000

Buy Now

使用方法とサンプル

GingerBread は、Arduino Pro Miniとの互換性を備えているので、パワーソースの選択以外は、使い方もArduino Pro Mini とほぼ同様です。

1.用意するもの

Ginger Breadは単独でも利用できますが、今回はブレッドボードを使用したLチカのために以下のものを用意します。

・ピンヘッダ(秋月電子
・リチウムイオンポリマー電池(スイッチサイエンス千石電商
・3端子スライドスイッチ(秋月電子
・マイクロUSBコネクタDIP化キット(秋月電子
・LED(秋月電子

2.パワーソースの選択

Ginger Bread は、基板上のPower Selector Port、または半田ジャンパを利用して、駆動電源(バッテリー/FTDI)の選択が必要です。今回は例としてPower Selector Portを利用するので、スライドスイッチをPower Selector Portに半田付けし、スイッチを右(3.3V)側にしておきます。

① Power Selector Portを利用する場合
スライドスイッチをPower Selector Portに半田付け(または接続)します。これにより、スイッチを使ってどちらを電源にするか選択できます。

② 半田ジャンパ(Jumper)を利用する場合
電源として利用したいソースのジャンパ(左右)を中央のジャンパと半田で接続します。

※Power Selector PortとJumperは、同時には利用しないようにしてください。バッテリーとFTDIの両方を接続して給電された場合、電流がFTDI側に流れ込む恐れがあります。

3.配線

先ほど半田付けしたスイッチに加えて、GingerBreadにピンヘッダを半田付けし、下図のようにブレッドボード上で配線を行います。

4.プログラムの書込み

プログラムの書き込み方法は、Arduino Pro Miniと全く同じです。
ただし、GingerBreadのクロックは、ATmega328pの内部クロックを使用しているため、書き込み時のプロセッサは必ず「ATmega328p ( 3.3V / 8MHz )」を選択してください。

① Arduino IDEを起動する
② PCに接続したFTDIシリアル接続ケーブル(3.3V版)をGinger BreadのFTDIポートに接続する。

③ Arduino IDEでの書き込み設定を以下に設定する

ボード    :Arduino Pro or Pro Mini
プロセッサ  :ATmega328p ( 3.3V / 8MHz )
書き込み装置 :AVR ISP

④ 以下のLチカ用サンプルスケッチをコピー&ペーストし、書き込みを実行する。

int ledpin = 2;

void setup(void){
 pinmode(ledpin, OUTPUT);
}

void loop(void){
 digitalWrite(ledpin, HIGH);
 delay(1000);
 digitalWrite(ledpin, LOW);
 delay(1000);
}

5.完成

プログラム書き込み後、FTDIケーブルを抜いたら、バッテリーを接続。最後に、Power Selector Portのスイッチを左(VBAT)側にしましょう。これによりGingerBreadがバッテリー給電で起動し、モバイルデバイスプロトタイプの完成です。
バッテリー充電の際は、USBコネクタにケーブルを接続してください。充電中はGingerBread上のLEDが赤く点灯し、充電が終わると消えます。