Jarvis

Jarvis is an arm type assistant robot that smoothly cooperates with humans in desk work. Speech recognition allows you to issue various instructions, and eye tracking allows you to move the arm to the desired position.

Jarvisはデスクワークにおいてスムーズに人間と協調するアーム型のアシスタントロボットです。音声認識によって様々な指示を出すことができ、さらにアイトラッキングによって思い通りの位置にアームを移動させることができます。

For example, when soldering, you sometimes need three arms to hold three things: a solder wire, a soldering iron and the electric parts you want to solder, but unfortunately, we have only two arms. Then Jarvis can be your third arm and it enables you to work more easily.

例えばはんだ付けをする際、はんだ線とはんだごて、接着するパーツの3つを固定しなければいけませんが、我々の手は2本しかないため作業しづらいという状況が発生します。そこでもう1本の手としてJarvisに手伝ってもらうことで楽に作業することができます。

HOW IT WORKS

Jarvis integrates the tobii eye tracking system with the results of Microsoft Speech's speech recognition using Unity and sends it to Arduino for control.

Jarvisはtobiiのアイトラッキングシステムと、Microsoft Speechの音声認識の結果をUnityを使って統合し、それをArduinoに送信してコントロールしています。

Planning and development: Ginger Design Studio