Smile Explorer

Going out with baby is not always easy. But for a baby, it’s always a precious experience to touch the world. Moreover, it’s important for a family to communicate each other. Can we change this into much better experience?
Smile Explorer is a new stroller which realizes it with baby’s smiles. To give shape to this concept, Ginger took charge of total process of design and engineering both for hardware and software, and created a website.

赤ちゃんとのお散歩はちょっと大変。でも、赤ちゃんにとっては外の世界に触れる貴重な時間。親子にとっても、大切なコミュニケーションの時間。そんな時間をより良い体験に変えることは出来ないだろうか。
Smile Explorerは「赤ちゃんの笑顔」を自動的に記録することで、それを実現するベビーカー。Gingerは、コンセプトの検討から、ハードウェアのデザインと実装、スマートフォンアプリのデザイン、Webサイトの制作までを一貫して行いました。

Smile Explorer project site

CONCEPT CREATION

In this project, we had to clarify the concept and at the first place. When this project started, this was just a stroller which connects to smartphones and all possible functions were included without priority. Therefore, Ginger gradually identified the direction of project through making personas to imagine what kind of people will use this stroller and what’s important for them.

プロジェクトを進めるにあたって、まずはコンセプトを明確にしていく必要がありました。はじめはスマートフォンとベビーカーをつなげることで、盗難防止や、スマートフォンの充電など様々な機能が並列に盛り込まれていました。そこで、Gingerはこのベビーカーをどんな人が使うのか、その時どんなことを重視するのかというペルソナの設定を行いながらプロジェクトの方向性を徐々に固めていきました。

DESIGN

We’ve considered a lot of designs based on the persona we’d set. We realized sophisticated urban design by removing unnecessary elements and add futuristic flavor to inspire smart functions.

多くのデザイン案を検討しながら、設定したペルソナに沿ったデザインを行いました。無駄な装飾を排し、洗練された都会的なデザインとしながらも、スマートな機能を感じさせる先進性を醸し出すデザインとしました。

The silver lines along safety bar and edge of hood make robust feeling, and we added a bit of elegance by making them partially thin.

安全バーと幌の縁部にシルバーのラインを入れることで、しっかりとした剛性感のある印象としながらも、部分的に細くすることでエレガントさをプラスしています。

DEVELOPMENT

We made housing using 3D printing in order to quickly give shape to the design.By polishing and painting, we realized perfect appearance.
Moreover, we also installed actual functions such as camera and auto brake so that we can test the user’s experience through actually using functions.

デザインを素早く形にするため、筐体は3Dプリンタを用いて制作しました。磨き上げ、塗装まで行うことでプロトタイプながら、製品同様の見栄えを実現しました。
また、カメラやブレーキ機能も搭載し、実際に機能を使ってみることでユーザーの体験を検証していきました。

We made housing using 3D printing in order to quickly give shape to the design. With a prototype which has both perfect appearance and internal structure to install functions, we have tested the user’s experience through actually using functions.

こういったプロトタイピングを行うことでコンセプトが明確になり、赤ちゃんの笑顔を自動的に記録する「スマイルシャッター」を軸に進めることが決定。Gingerではこのコンセプトに沿ってさらにスマートフォンアプリのデザインや、Webサイト制作を行いました。

This project won in “Todai to Texas,” a business competition for startups and got the opportunity to exhibit in SxSW, one of the world’s most important event for venture companies. Using this opportunity, we’re preparing partnerships for manufacturing and selling.

本プロジェクトはベンチャー向けビジネスコンペ"Todai to Texas"にて優勝し、世界的なベンチャーの祭典、SXSWでの展示を獲得。また、それをきっかけに製造・販売を行うため、パートナリングを進めています。

www.sxsw.com
todaitotexas.com

CLIENT: Dentsu Corporation
PRODUCE: STRIPES Inc.
MOVIE: Engine Plus Inc.
SOFTWARE DEVELOPMENT: Anno Lab.
HARDWARE DESIGN, DEVELOPMENT, UX DESIGN, WEB: Ginger Design Studio